JAMブログ

JAM店長・野口雅一が今日のライブ、今日の出来事を毎日更新しています。

20 9月

9月19日(火曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 20.09.17 by Merlyn

ジャズギタリスト小暮哲也さんと同窓生でニューヨークで活躍するジャズボーカリストKAZUE PATTONさんのデュオライブ。
ご予約だけで17名、ところが開場時間の6時に現れたお客様が一人で6時30分になっても二人という状況に焦りましたが
開演時間の7時寸前にどっとお越しになり結局28名という超満員状態でのライブとなりました。小暮さんの素晴らしい音色のギターの演奏で始まったステージはパットンさんの美しい歌声が響いた途端に店の全てのお客様を別世界に連れて行ってくれました。一曲一曲、心にしみる感動のひとときでした。一般のお客様は5名で、あとは全てお二人の同級生ということでプチ同窓会状態となり、ファーストステージ終了後の休憩時間は 凄まじいまでの興奮状態の中、皆さん話に花を咲かせていました。

No Comments »

19 9月

9月18日(月曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 19.09.17 by Merlyn

オープンマイクストーミーマンデイ。参加者は工藤ジョンイチさん、三浦和久さん、山縣昌典さん、飯塚努さん、シラフさん、コジローさん、おおたけごろうさん、山下大輔さん、ヤマカンさんの9組。一番乗りの工藤さんは仕事がお休みということで気合十分で登場、16日の土曜日に初トライアスロンを完走した山下さんが元気に登場したのにはびっくり、茂原のコジローさんは1年ぶりの参加、そして犬山の実家に帰る予定が台風でキャンセルになり急遽歌いに来てくれたおおたけさん、祭日ということで沢山のミュージシャンが顔を出してくださり大盛況でした。店主の野口が友人の法事のため出勤できず、江川さんが一人で営業する江川チャレンジとなりましたが難なくこなしてくれました。

コメントは受け付けていません。

17 9月

9月16日(土曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 17.09.17 by Merlyn

スパイダーテツ率いるエスパナダストリオのライブ。台風が接近して天候急変が心配される中、熱心なお客さまがお越しになり素晴らしい夜になりました。エスパナダスという名前の由来になっているアルミで縁取りされたフルアコースティックギターを自在に使いこなし、タイトなシャッフルからメロウなバラードまで最高の演奏を披露してくれました。完成されたステージングにただただ感心するばかりで、スパイダーが初めてジャムに現れた27年前の夏の夜を思い出し、それからの彼の精進の日々を思い、自分のことのように幸せな気持ちに浸ることができました。もちろんベースの洋ちゃんも1曲1曲楽しんで演奏していてスパイダーとの息もぴったりで28年の積み重ねを感じさせてくれました。

コメントは受け付けていません。

17 9月

9月13日(水曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 17.09.17 by Merlyn

56回目のナチュラルウーマンボイス、水曜日開催というのに今晩も沢山のお客様が詰めかけ熱気溢れる中心に響くステージが披露されました。トップバッターはローズハートのお二人。浩子さんの優しく温かい歌声がますます磨かれて心地よい時間を演出、旦那様の雅樹さんのギターも音色や音量が絶妙で素晴らしいアンサンブルでした。2番手はアルゼンチンバックブリーカーズ。今晩も鉄板の演奏と歌とお話しの三身一体攻撃でノックアウトしてくれました。宮本さんの優しく包み込むような歌声に癒されいっちゃんの一音一音大切に奏でるギターに心洗われました。出演者も、お客様も、皆さん笑顔で楽しく過ごせ、幸せを共有できる素敵な夜でした。「行く川の流れは絶えずして・・・・」と方丈記の冒頭で語られるように、永遠に続く事柄というのはありませんが、この素晴らしいイベントがずっと続いてくれるといいなあ、と、思いました。

コメントは受け付けていません。

16 9月

9月15日(金曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 16.09.17 by Merlyn

ジャズピアニスト山田貴子さんのライブ。5時からリハーサルを開始、ちょうど終わったところで帽子を深くかぶった男性が店に入ってきてカウンターの僕の正面の席に座りました。帽子を取るとそこにはルー大柴が目を丸くしてサプライズ登場したのです。6月に僕が彼の家にお孫さんの誕生祝を持っていきなり訪ねて行った返礼で顔を出してくれたのです。リハーサルを終えた山田さんがメンバーと出かけてきますとあいさつした時に「行ってらっしゃい」とルーが声をかけ、振り向いた山田さんがルーの顔を見て「本物?」と発声。僕が44年前に彼の家に居候していた経緯を話しました。
オーダーのステーキを焼きながら楽しく話をしていましたがすぐにお客様がつぎつぎにお越しになり、慌ただしく調理に追われじっくり話し込むことはかないませんでしたが、彼がジャムの空間を味わってくれるだけで幸せな気分になれました。
山田さんのライブが始まると演奏の素晴らしさに感嘆している様子がわかり、ちょっと誇らしい気分になりました。再会の喜びでジャックダニエルの水割りを4杯も飲んで酔いが回ったのか1ステージ目が終わるとお会計をして帽子を目深にかぶり予約してあるホテルに帰って行きました。カウンターで隣に座っていたお客様に「今、帰ったお客さん誰だかわかりました?」と聞くと「だれー?」と気づいていない様子でしたが、ルーの真後ろのテーブルに座っていた女性のお客様が「マスター、ルーさんと知り合いなんですか」と聞いてきて、気付いた人もいたことを知りました。

コメントは受け付けていません。

15 9月

9月14日(木曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 15.09.17 by Merlyn

175回目の昭和歌謡史、6時過ぎに1977年ごろ千葉大で『デュース』というバンドでベースを弾いていた水谷さんがギターを弾いていた宮地さんを伴って登場!宮地さんはフェルナンデスギターの社員で僕が働いていた「クロサワ楽器」に配送に来ていた時以来40年ぶりの再会でした。ひとしきり思い出話に花を咲かせていると、お客様も続々とお越しになり、8時少し過ぎに連続テレビ小説「ひよっこ」で先日使われた荒木一郎の『いとしのマックス』でスタート。懐かしいブループサウンズの曲やポップス、そしてフォークソング唄い、最後は「私の彼は左きき」で1ステージ目を終了。2ステージ目は「帰れない二人」でスタート1970年代から80年代のニューミュージックを中心に唄い最後はいつもの『上を向いて歩こう』と『そっとおやすみ」で終了しました。

コメントは受け付けていません。

13 9月

9月12日(火曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 13.09.17 by Merlyn

104回目の本千葉フォークジャンボリー、参加者は梅吉さん、三浦和久さん、山縣昌典さん、イギリス人のギャリーさん、nassyさん、フレディー本間さん、だいちゃん、飯塚さん、そして藤井美由紀さんの9名。今月のテーマ『月』にちなんだ曲を皆さん趣向を凝らして披露してくれました。しかし今晩のイベントで特筆さべきは3週間前お客様でいらしたイギリス、リバプール出身のギャリーさんがウクレレの弾き語りで参加してくれたことでしょうか。トラディッショナルな曲を2曲歌った後にビートルズの演奏で有名な『I SAW HER STANDING THERE』を熱唱してくれたことでしょう。イベントの最後にもう一度本間さんのピアノの伴奏で『イマジン』を歌って大歓声を浴びていました。

コメントは受け付けていません。

11 9月

9月11日(月曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 11.09.17 by Merlyn

オープンマイクイベント、ストーミーマンデイ。参加者はおおたけごろうさん、三浦和久さん、工藤ジョンイチさん、かわがたしょうだいさん、山地さん、シラフさんの6組。おおたけさんはご自身の最新アルバムから3曲披露、三浦さんはニールヤングの名曲を熱唱、工藤さんはビートルズナンバーとスティングの曲を披露してくれました。かわがたさんは自身の詩を朗読。お子さんが静かに聴いているの感動的でした。山地さんは「わかってください」などフォークソングを3曲披露。シラフさんは久しぶりに唄うオリジナルを3曲披露してくれました。初めてお客さんがカウンターに座ってコーラを飲んで皆さんのステージを楽しんでいましたが1巡目が終わると帰られました。

コメントは受け付けていません。

09 9月

9月9日(土曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 09.09.17 by Merlyn

THE RIVERのSTRONG FIGHTER LIVE#7。夕方4時過ぎにリハーサル開始。サウンドチェックとバランスチェックを1時間ほどしてリハーサル終了。6時に開場しお客様がお越しになるのを待ち7時ちょうどにライブスタート。回を重ねる度にバンドサウンドが完成されていくのがはっきりとわかり始めてのお客様が多かったのですが皆さんTHE RIVERのパフォーマンスを心から楽しんでくださいました。特にGケンジのギターが心地よい音色とノリノリのフレーズで感動的でした。

コメントは受け付けていません。

09 9月

9月8日(金曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 09.09.17 by Merlyn

52回目の詩の朗読会、金曜日開催ということで新たな参加者の登場を期待しましたが、逆にレギュラー出演者も他に用事があったりライブがあったりで参加者3名という寂しい状況でした。そんな状況にもめげず3巡やって楽しい時間を過ごしました。江川さんの短歌、今月も来てましたし、シラフの新作の詩もなかなかの佳作でした。9時に終了してみんなで小山くんが主催するライブを富士見町の「トッパーズ」に見学に出かけました。
170902
気がつけばトーストこんがり焦げていたなんてこったい発癌物質

170901
冷蔵庫一本残った炭酸水出番なくして夏は去り行く

170829
夜の道真ん中猫が鎮座する嫌いじゃないぜお前の何様

170828
思い入れないが香りで思い出す茗荷の記憶休日の昼

170827
住む人のない家纏う蔦の葉が風に揺れてる笑って見える

ゆっくりと小瓶のビール似合う午後過ぎると過ごす夏の日曜

170826
いつの間に積もった埃も歴史だと言い訳をするこの部屋の中

170822
早足に溶けてく氷と夏の午後やるべきことはあるのだけれど

170816
外人より外国人が良いそうな知ったことかよすっとこどっこい

170815
どすこいな女性が電車に乗ってきてごっつぁんですと言いそうになる

コメントは受け付けていません。