JAMブログ

JAM店長・野口雅一が今日のライブ、今日の出来事を毎日更新しています。

02 12月

12月2日(金曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 02.12.16 by Merlyn

91回目のカバートゥーカバー、7時にトップバッターで野崎ももこさんがピアノの弾き語りでノラジョーンズなどを心地よく聴かせてくれました。続いて久しぶりの登場のレイフェルディナンがドアーズの曲を3曲シャウトしてくれました。3番手は再び野崎さんとギターの林さんのデュオライブ。キャロルキング、カーペンターズ、ボブマーレイ、などロックの名曲を次々に披露してくれ大喝采を受けていました。続いてフレディー本間さんのステージ、ジョンレノンの曲をやった後にゲストでひとみさんが「ローズのテーマ」を熱唱してくれました。最後はメインバンドの「ヒロキコネクション」の登場。ボーカルのヒロキさんが喉の調子が悪く、かなり苦しそうに高音を出す状況で約1時間楽しいステージを披露してくれました。最後は本間さんが「サタデイナイト」を代打で唄って異様に盛り上がりイベントが無事終了しました。今年最後のカバートゥーカバー、名残を惜しむかのように皆さん深夜まで飲んで語っていました。

No Comments »

02 12月

12月1日(木曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 02.12.16 by Merlyn

144回目のアコースティックレボリューション、7時からオビワンがビートルズの曲を20曲ほど唄って、前座を務めました。8時から平野シャンティーさんのステージがスタート。お馴染みの曲を次々に唄って和やかな雰囲気の中、最後はお客様を巻き込んで「外房恋しぐれ」をみんなで大合唱し楽しい夜になりました。

No Comments »

01 12月

11月30日(水曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 01.12.16 by Merlyn

やまもと俊子さんの57回目のシャンソンライブ。今晩も熱心なお客様が懐かしい曲やおなじみの曲を楽しみに足を運んでくださり、しっとりとした時間が流れていきました。特にプチ歌声喫茶という企画で「砂山」や「冬の夜」「富士山」「スキー」を皆さんで合唱した時間は素敵でした。次回は来年3月の29日なので4ヶ月ほど空いてしまいます。

コメントは受け付けていません。

30 11月

11月29日(火曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 30.11.16 by Merlyn

細川慎吾さんとサタデイナイトポーカーズのスペシャルライブ。7時ちょうどに慎吾くんのステージがスタート。リハーサルではなんでもなかったギターの音が割れていて2曲目にダイレクトボックスのインピーダンスを下げましたが少しか効果がなくて困りました。そんな状況にもめげず気持ちのこもった歌を歌ってくれた慎吾くん、満席のお客様を自分の音楽世界に引き込んで3回もアンコールをもらっていました。8時30分サタデイナイトポーカーズの演奏がいつもの「エリザベスリードの追憶」でスタート。ドラムの明くんとギターの椎名くんが風邪気味ということで心配しましたが、いつもどおり熱い演奏を楽しむことができました。初めて聞きに来てくれたミュージシャンの野崎さんも「かっこ良かった!」と大喜びしてくれ何よりでした。

コメントは受け付けていません。

29 11月

11月28日(月曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 29.11.16 by Merlyn

瘋癲野朗のネイキッドライブ。8時の時点でお客さんが一人もいらっしゃらず心配しましたが8時15分過ぎから続々とお客様がお越しになり、熱い夜になりました。瘋癲の演奏も歌もお話も全てが楽しく充実していて常連の瘋癲ファンのお客様も大満足!たまたま通りかかって、窓の外でしばらく聞いてから入ってらした年配(多分50〜60歳)のお客様が、最後まで聞いて「素晴らしい、千葉に来て6年になりますが、こんなに素晴らしい生演奏を聴いてのは初めてです。バランスも音量も音質もそしてオリジナルの曲のクオリティーも素晴らしく、普段お酒を飲まないのですがこんなに飲んでしまいました。皆さんも良かったら飲んでください」とメンバーにご馳走までしてくださり、メンバーにとっても嬉しい夜になりました。

コメントは受け付けていません。

25 11月

11月25日(金曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 25.11.16 by Merlyn

ジャズピアニストの山田貴子さんの今年最後のライブ。出演はピアノに山田さん、ベースに清水昭好さん、そしてボーカルにボンバードラミさん、という強力なメンバー。繊細なドラミさんの歌声で始まったライブは切なく、感涙にむせぶような曲が続き絶妙のアンサンブルでピアノとベースが絡み感動しました。特に山田さんの曲「DECEMBER」とドラミさんの曲『ネギの歌』は出色でした。お客様も皆さん上気した顔で感動が見て取れ、素敵な夜になりました。

コメントは受け付けていません。

25 11月

11月24日(木曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 25.11.16 by Merlyn

日本語オリジナル限定イベント『言霊(ことだま)』朝からの雪と寒さのため参加者の登場が危ぶまれましたが、菅原史朗くん、小久保貴行くん、そして山下大輔くんの3人が参加してくれました。それぞれ渾身のステージを披露してくれ内容充実の夜となりました。

コメントは受け付けていません。

24 11月

11月22日(火曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 24.11.16 by Merlyn

ALCOHOLIC NIGHTの2回目。新宿町のバー、『フロッグ』のマスター、中嶋徹さんの企画するイベント。出演は古いミュージシャン仲間の小山貴志さんと中島さん、7時過ぎからボチボチとお客様がお越しになり8時に小山さんのステージがスタート、今晩はブルース色を前面に出してオリジナルのレパートリーの中から渋い楽曲を次々に歌いあっという間の1時間でした。続いて中島さんの登場。赤ワインとハイボールを交互に飲みながらのまさにアルコホリックナイト。懐かしい曲と新曲を取り混ぜてたっぷり1時間楽しいステージを披露してくれました。

コメントは受け付けていません。

22 11月

11月21日(月曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 22.11.16 by Merlyn

オープンマイク、ストーミーマンデイ。参加はえむさん、三浦和久さん、おおたけごろうさん、のざきももこさん、初参加の松浦さん、同じく初参加の高橋さん、同じく初参加の南さん、そして初参加の千葉さんんの8組。えむさんは修理に出していた工芸品のような素敵なギターを持参、とてもいい音で、おなじみのオリジナルや高田渡の名曲を聞かせてくれましたが娘さんが出産予定日ということで頻繁に携帯をチェックしていました。つ乳て歌った三浦さんは拓郎の「たどり着いたらいつも雨降り」でスタート、懐かしい曲やコアな曲を聞かせてくれました。3番手のおおたけさんは渋い歌声でオリジナルや日本語直訳ブルースを披露、足元のマシンで一人合奏が始まると初参加の人が不思議そうに見つめていました。4番手ののざきさん、ピアノ弾き語りでカーペンターズの曲を歌いだすとカウンターで聞いていた南くんが感動して涙ぐんでいたのが印象的でした。5番手は初参加の松浦さん、土曜日のイベントで彫えいさんとして超絶技巧のギター演奏を披露してくださった方ですが、その時よりさらにクリアーで良い音でギターを弾き、ヘヴィーメタルの名曲を歌ってくださいました。続いて歌ってくださったのは高橋さんという女性で初心者ですと恐縮していたのですが大好きな歌を気持ちを込めて歌ってくださり大きな拍手を受けていました。7番目の登場は昨日「本納クローブ」でライブ出演した南くん、クリストファークロスの曲を3曲披露してくれました。最後はやはり昨日、クローブのライブにヘルプで参加していたジョージジャーケイズのベーシスト、千葉くん。ギター弾き語りで吉田拓郎の曲や自身のオリジナルを歌ってくれました。オリジナルは印象的で秀逸な作品でした。今晩もバラエティに富んだ出演者がそれぞれ素晴らしいパフォーマンスを披露してくださり内容充実のイベントとなり心から楽しめました。

コメントは受け付けていません。

19 11月

11月19日(土曜日)

Posted in 毎日更新ジャムニュース on 19.11.16 by Merlyn

川畑良介プロデュースのイベント「village green』の3回目、出演はGERGE JYAGES、彫えい&ヒデキ、そしてryousuke&villageの3組。4時前から出演者がリハーサルに登場、各自入念にサウンドチェックをして緊張気味に本番を待つ中、続々とお客さまがお越しになり7じ30ぷんの開演時間には超満席状態。そんな異様な熱気の中GERGE  JYAGESの演奏がスタート、楽器のバランスも音量も心地よく歌は鮮明に聞こえて、バンドとして前回出演時より数段スキルが上がっていて、素晴らしいステージでした。お客さんの反応もそれを物語っていて、メンバーも手応えを感じているようでした。続いて初登場の彫えいさんとヒデキさんのデュオ。ヒデキさんのカホーンが小気味よく響く中、彫えいさんのギターが絶妙なバランスで、超絶テクニックのフレーズを次々に披露してヘヴィーメタルのノリがしっかり出ていて感動的でした。アンコールでうる覚えの歌詞を「ナントカ・・・」と歌って大受けしていました。最後は良介くんのグループの登場です。ベーシストが欠席で着た2本とドラムという変則の編成となりましたが、渋い歌声で力の抜けた大人の雰囲気でオリジナルを聞かせてくれました。ギターのツッチーが良介くんの歌を優しくサポートしていて温かい雰囲気が醸し出され、太一くんのドラムも最後のレゲエでは楽しそうに弾けていました。終演後もお客さまがライブの余韻を楽しんでいて本当に満足してくださったのがよく分かる内容充実の夜でした。次回は来年1月の予定です。

コメントは受け付けていません。